子どもを叩くと親の心も傷つく…


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもを叩くと親の心も傷つく…

 

小倉譲

 

昨晩、散らかりに散らかった部屋。

寝る前に、「片づけるよ〜」っと。

 

いやいやながらも片づけ始める3人の子ども。

すると些細なことで喧嘩が始まる…。

 

長女(6)が長男(4)を叩こうとする。

 

(私)叩いたらあかんで〜! × 3回注意

 

でも長女(6)は、長男(4)をたたいてしまった。

それを見ていた次男(2)も便乗して長男(4)をパンチ!!

 

部屋は散らかっているは、

片づけは進まないわぁ、

喧嘩ははじまるわぁ、

 

イラ イラ イライライライラ っと、

長女(6)次男(2)の頭をパッシっと叩いて怒りました。

 

長女(6):なぐっちゃいや〜 そんなに怒らなくてもいいのに!!

っと大泣きが始まり。

次男(2) :も初めてパパに殴られたからか天地がひっくりかえるように泣く。

 

被害者である長男(4)も、その環境で必死に泣くのをこらえている…。

 

パパも泣きたいよ〜。

 

その後、長女(6)と次男(2)を抱っこしたまま2階の寝室に入り、

一人2段ベットの上に上がった長女(6)とお話をする。

それでもまだヒックヒックしながら泣いている…。

 

しつけは大切。

でも、「叩く」ことは本当に正当だったんだろうか。

それから私も考えに考えて、結局結論にありつけず。

 

子育て世代の皆様はどう考えているんだろう。

例えば、子ども同士の殴り合いってあるんかな?

そんな時、親として叩いたりするんかな〜?

 

自分の当たり前が、世間の非常識。

そんなことにならないように、誰かのアドバイスを受けてみたいっと

思った昨日でした。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者