阪神淡路大震災から20年で思うこと


阪神淡路大震災から20年で思うこと

震災から20年の月日が経過した。

今や神戸の町を見ると、
ハード面においては復興していると言えるのではないかと思う。

しかし、ソフト面はどうだろう。
震災復興住宅での孤独死。
全国的に核家族化が急速に増えた事、今や高齢者夫婦のみ世帯が54%。
内、高齢者単身世帯が24%。24%の内、男性が28%・助成71%
となっており、これも一つの大きな要因だと思う。

ただ、震災復興住宅により、コミュニティが分断されたこと。
もし、コミュニティが分断されていなければ、震災からの関連死は
減らすことが出来たのかも知れないと思う。


話しが変わるが、
震災当時は私は17歳だった。
震災のインパクトは非常に大きく、自分の力、人の力なんてちっぽけ
なものだと感じた。

日常が壊れ、多くの命が奪われた目の前の事実が、
自分の人生を大きく変えた人生の転機になったことは間違いない…。

私自身もボランティア活動をやった。
それは、今はNPOワーカーとして切っ掛けになったことは間違いのない
事実であり、その年はボランティア元年と言われている。
それまでもボランティアは世の中にはあったが、まさにボランティア
活動が大衆化したのも阪神淡路大震災であったように思う。

テレビや新聞等の報道。
もう20年もたったのかと思う一方で、
この20年、私たちはどう変化してきたのだろう。

震災で壊れた日常が、今や新しい日常を当たり前のように過ごしている。
「震災を風化させない」「震災の教訓を」
そういった言葉が多方面から聞こえてくるけど、

阪神淡路大震災から、
・まちづくりは、
・打撃を受けた企業は、
・そして震災を経験した個人は、
どう変わろうとして、変わってきたのか。そんな視点での検証があまり
なされていないことを少し残念に思う。

話しを戻すと、
震災復興住宅の問題。
ハードは復興したが、まだ課題が残るソフト面での問題。
その問題は、阪神淡路大震災被災地だけの問題だけでなく、少子高齢化が
進む日本社会の大きな未来への宿題なのかも知れない。
そう思うと、ボランティア元年から次のステップに進むべく、私(たち)自身
も変わっていかなければいけないのだと思う。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

引き裂かれた故郷・家族…


引き裂かれた故郷・家族…



家に帰って電気をつける。
冷えたビールを冷蔵庫から取出して飲む。
何気なく見るテレビ。
熱くて寝れない日々はクーラーをつける。

原子力発電のニュースを見ると、
その当たり前に疑問を持ってしまう。

数か月間、福島県富岡町に足を運んだ。
9時から15時の間以外は、住むことも許されていない地域だ。
誰もいない町、
戸建の家には、洗濯物が干したままである。
庭は、手の着けれないほどの草が生え、
しばらく人が出入りしていないことが容易に想像がつく。

時が止まった町、
どんな表現が正しいのだろうか。

生活に、経済に欠かせない電力。
原子力発電が稼働しなくなり、燃料の輸入が増えた。
電気代も上がったり、節電を心がけるよう声掛けがされている。
このまま行けば、家計の負担だけでなく、経済的にも負担を強いられ
ていることも分かる。
経済は、国の屋台骨であることも、十分に私は理解しているつもりだ。
そして、私自身、現場に足を運ぶ前は、メディアから得る情報が全て
であると、思い込んでいた。

地元の人に話をきいた。
三世代が住む家、
何代も何代もそこに住み続けた故郷が、
原発事故により、その地を離れざるを得なくなった。

子どもを持つ夫婦は、
妻と子だけが、福島の地を後にした。
夫は、仕事の関係で福島に残らざるを得なかった。

祖父母世代は、お墓、地域への愛着もあり近くの避難所に身を寄せる
ことにした。

地域を奪われただけでなく、
家族をも分断されてる事実が、現地には多くある。

とある人は私にこういった。
私たちの日常は、貴方たちの非日常。
貴方たちの日常は、私たちの非日常。

この言葉の意味が、私の中に染み込むのに、
そう時間はかからなかった。

私は思う。
各々が原子力発電の可否を問う前に、
現地に足を運んでほしい。
そこに、色眼鏡のかからない自分の目で見る現実を
各々の真実に言葉に落とし込んでほしい。

メディアで放映されない、
新しい日常を作る現地の人々の想いに耳を傾けてほしい。
私はそう強く思い、

「知られざる福島を感じつツアー」
http://www.123kobe.com/sc/

を企画した。少しでも関心のある方は参加してほしいと思う。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

未来なんて、保障されていない。


未来なんて、保障されていない。




特に最近そうだ。
忙しいと言うよりも、自問自答することに疲れてきている気がする。

明日明後日のことで、自分が担う役割の中で、

「これでいいのか」
「この判断でいいのか」

そんなことを常に問いかけながら進む。

そして未来にも、
「このままでいいのか」

そんな疑問を持ち続けている。

私達は生きている限り、未来へと進む。
そして多くの企業の方もそうだけど、
組織に属しているからといって、未来の保証なんてない。
特に、経営側として、常に1年10年先を見据えて動かないといけない。

それは、スタッフの成長と
組織の成長がイコールでないと、組織に未来がないと思うから。

だから、常に虎かライオンか分からないけど、
猛獣に後ろから追われるている気分になり、
少しでも不安を取り除こうと、突っ走る。

たぶん、自分に自信がないのだろう。

未来は作るもんだ。
そんなことは分かっているが、簡単ではない。
理想と現実の違い。
でも、一歩でも理想に近づけたい。
自分の価値観に沿う仕事で未来へと歩みたい。
それは、NPOワーカーとして、私の本質なのかも知れない。

ふと、妻子と町を歩く。
その後ろ姿を見ていると、心が安らぐ。

あ〜、こんな近くに幸せってあるのだな〜っと。

家族を守る。
そんなことは思ってもいない。
家族と一緒に、乗り越えていきたい。

疲れている場合ではない。
さぁ、あきらめないことが明るい未来の第一条件だ。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

寝ない2歳児が寝る方法


寝ない2歳児が寝る方法




なかなか寝ない2歳児。
昨日は昼寝もせず、運動量は普段の何倍も…。
すっと寝るだろうっと親の期待を裏切り寝ない…。

試した方法、
ジブリの静かな音楽を流してみた。
私にとって最高に睡眠環境。
しかし娘は、音楽に合わせてベットの上で踊りだす。
逆効果…。

あかん

やっぱこれしかないなっと。
ドライブにいく。
たっとの10分で爆睡。

やはりこれしか方法はないのか…。

少し前までマンションだったので駐車場が遠く出来なかった
けど、今は玄関あけたら5歩で車まで行ける。
ただ、お酒を楽しめない……。

一方、最近7ヶ月の息子の個性がでてきた。
日中は殆ど泣くこともない。
しかし、夜寝る直前だけは、すごい……。




結局、昨日は上の子も下の子も別々にドライブで
寝かしつけ…。
でも、寝かしつけるいい方法を見つけただけでも幸せかな。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

技術職のワークショップ


技術職のワークショップ



5月のとある会が主催する飲み会。
中華料理を食べながら、たわいもない話で盛り上がっていた。
すると、隣のテーブルに座るとある会社社長が、
ビール瓶を持って私の所にきた。

小倉さん、技術職のワークショップというの?
グループディスカッションと言うの?
そのコーディネートをしてほしいだけど!!
お酒のいきよいもあり、
内容をさほど聞くことなく承諾。

そして打合せはたったの1回で臨んだ昨日。
私に与えられた環境は、
何十年と歴史ある会としてワークショップを実施したことがないこと。
参加者もおそらく経験したことがないこと。
100%男性参加者であること。
全て技術職であること。
参加者には発注者と受注者という利害関係が存在すること。
参加者同士の面識はさほどないこと。
参加者は全部で70人程度であること。
持ち時間は、90分と短いこと…。

打合せの際、主催者は私に、
「初めての試みだし、失敗してもいいから」
っと。

テーマは、詳しくは書きませんが、
発注者と受注者が仕事の質を高める為に…… って感じ。

大人数のワークショップが
久々だから……、ではなく、失敗してもいいからって言葉が、
私の火をつけ、一方で気分が高まり過ぎて緊張……。

私が前に立つと、既に場が凍りついている…。
ほぐす時間もさほどなく、スタート。

それから90分後のワークショップをチェックアウトする時、

「楽しかったですか?」という問いに、
殆ど全員が手を挙げてくれた。
しかも、議論では、利害関係なく改善提案も多くされた。

主催者が、
或いは、ファシリテーターが、
失敗してもいいやっという思いは、きっと参加者は気づく。
その会を開催することが目的化してはいけない。
会を開催されることにより、参加者が何を得て、その仕事が
社会的に理解が深まり、そのその仕事が誇りに思えるようになる
ことが、大切なんだと思う。

小倉譲 拝


 

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

寝ない、2歳児 


寝ない、2歳児



私の子ども、2才5ヶ月。
朝、7時に目が覚めて、朝食。
10時頃〜1時間半程度公園で遊び、
昼からお買いもの、
15時頃から1時間〜2時間ほど昼寝……。


昨日、私が家に帰宅したのは、
夜の23時過ぎ。
さすがにもう寝てるだろうな〜っと思い、鍵をあけると、
2階から
「パパ〜 パパ〜」 ドタドタドタの階段を下りてくる。
最高の笑顔で抱っこを欲求してくる。
その後ろで疲れ切った妻の顔。

そう、娘はなかなか寝ない。
家庭用プラネタリウム、
絵本の読み聞かせを3種類を3回くらい。
最低でも、1時間半〜2時間くらいはかかかる。

なぜなんだろう。
24時間ある1日。
その限られた時間の中での2時間を子どもの寝かしつけ、この時間はあまりにも大きい。
インターネットで調べてみる。
同じ悩みを持つ人が多くいる。
そして同じようなアドバイスが乱立している。

7ヶ月の下の子が寝たかな……


それに気づくと、
「ちーちゃんねんね、ねんね」
と言いながら寝ている下の子に抱き着き、起こす。

悪気はないのは分かるけど、
二人して寝ない。

私が普段通りに家に着くのは、だいたい夜の7時半〜8時。
家につき、ご飯を胃袋に掘り込み、風呂に飛び込み、
その後、
ゆっくりテレビをみたり、
本を読んだり、
勉強したり、
したいんだけど、まぁ座る暇もない。

妻が上の子を寝かしつけ。
私が下の子をおんぶして、
洗物やら洗濯物やら、ミルクを作ったり…。

子育ては戦争だ。
そんなこと時に耳にする。
表現が少し大げさではあるが、
私は思う。

核家族が当たり前になりつつある現在、
夫の献身的な育児への協力。
「しごとだから」
という言葉で片付けず、工夫して育児参加する
心構えが大切かと。

妻に押し付ける、
その理由ってなんだろう。
子育ては女性がするもの。
そんなの誰が決めたののだろう。
当然ながら、子育ては夫婦でするもんだ。

もう一つ思うこと、
それは社会からの理解。
特に、会社。

「インフルエンザになったから会社休みます」

そんなこと当たり前。

「子育てがあるので、定時で帰ります!」

これも当たり前の社会になればいいな〜っと思う。

さて、寝ない2歳児。
一人で寝てくれるようになるまで、
もうしばらく妻と子育てを楽しもうと思う。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

電車


電車

最寄駅から満員電車に乗車し、2駅ほど過ぎたころ、
3才くらいの女の子が、ぬいぐるみを抱え、
4才くらいの男の子が、おもちゃの携帯をもち、
お母さんと手をつなぎ乗車してきた。

一番端にいる私、
駅に停まるたびに、奥に奥に。
ついに私の真後ろまで来た。

私は本を片手に、
後ろにいる小さな体を踏まないよう注意している。
その矢先、女の子がぬいぐりみを座っている人の
足の上に落とす。

すると、故意ではなく(たぶん)、
座っている方がそのぬいぐるみ足ではねのける。

その瞬間、小さな女の子は
地べたに仰向けにねこがり、
足をバタバタしながら泣きだす。

お母さんが困った顔をする。
ぬいぐるみを取り、バックの中にしまう。
すると女の子の鳴き声は更に大きな声となる。

「立ちなさい、お父さんに言うよ」

お母さんの言葉に動じず、泣く。

その光景に座っている方々は、
その様子をみている人、
寝ている人、
携帯を見ている人、
新聞を読んでいるようで、様子を見ている人。

色々といたな。

私はいいそうになった。
どなたか、この子に席に譲って頂けませんか?っと。

しかし、私は悩んだ。
もしかすると、次の駅で降りるかも知れない。
もしかすると、言うことにより座りにくくするかもしれない。
座っている人は皆、体の調子が悪いのかも知れない。

一昔の私なら、
言っていただろうな。
座らせてあげてっと。

何が正しいのか、
何が正義なのかは分からないけど、
モヤモヤしている…。

そのモヤモヤを解決するには、
私という視点
座っていた人達の視点、
子どもとその親の視点

3つの視点からの話しをする必要があるのだろうな。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

「夜の会議」  物差し


夜の会議  物差し

夜の会議は原則しない……。
生産性が決して高くないだけでなく、一人が帰りたいっと
思っても帰れる雰囲気にならないからだ。

一昔前は、
働く事、夢を叶える事は、昼夜関係なく、土日関係なく仕事をするもんだ。
そう思っていました。
独身の頃はそれでもよかった。

結婚してすぐ、祖母が入院、父が入院、妻も入院した。
洗濯物を届けたり、見舞いに行ったり、先生の話を聞きに行ったり、
私は1か月半くらい、殆ど仕事せず、働くことを、
「しなかった」のではなく、
「できなかった」のだ。

さてさて、代表である私が現場を離れ、決裁ができない。
会社は混乱し業績は低迷する。
そう思うかも知れないけど、その時は逆に売上が伸び、
社内が一つになったように思う。

思った、できないと思っていたのは実は私だけなのだと。
仕事と生活が2階建てだとすると、
1階が仕事で2階が生活ではなく、
土台を含めた1階が、間違いなく生活で、
そこがしっかりとしているから2階の仕事に集中できるのだと。

それから、フレックスタイム制、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇など
色々と導入し、働きやすさを追求している。
それも、自分の経験から出来た仕事と生活の物差しがあったからだ。


しかし、最近また色々と考えている。
私のいる業界は、夜に会議をすることが多い。
これは就業規則上、どうなんだろう。
イベントなどであれば、夜や土日であってもいいと思う。
ターゲットが来やすい時間や曜日を選ぶべきだから。

しかし、それが○○を話し合う場という明白な所があるのであれば、
それは仕事であり、仕事である以上は、日中にするべきだと思う。
或いは残業代をしっかしと出すか……。

スケジュールが合わない……
そう言うかも知れないけど、本当にスケジュールを合わせようとして
いるのだろうか?
私思うに、その夜の会議そのものが仕事と定義されていないように思う。

話しが変わるが、
子どもが寝る前に小一時間ほど一緒にいると、
子どもが父親に対する態度が変わってきた。
それ以上に、子二人を妻一人で見るのには限界があり、
お風呂と寝かしつけくらいは夫婦でやるようにしている。

仕事が生活を犠牲にしては意味がない。
さて、業界に身をおく自分自身として、
また私どもとして、この夜の会議とどう向かい合って行けば
いいのだろうか…。
業界の物差しそのものを変えないといけないかな…。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

社風を変える・仕組みを変える 組織構造改革


社風を変える・仕組みを変える 組織構造改革



私がNPO法人を立ち上げたのが、2006年1月。
創業メンバー、私を含めて4人。
内、一人は離脱した。

この8年間、
1回赤字。
1回伸び悩み
を経験したけども、何とか今日と言う日まで成長できたと思う。

最初の2年間。
思い出すだけでも疲れる。
6畳一間に4人が暮らし、
昼はNPOで働き、夕方から夜中までアルバイト。
そんな日々が365日×2年間続いた。

毎月、私たちがNPOの給料として頂いたのが30,000円。
そこから、食事代や携帯代などを支払う。
それも2年間。

50円のコロッケを二つ購入し、
それを水平に切る。
上から見ると、1つに見える。
そんな工夫をしながら、何とか乗り越えてきた。

普通のサラリーマンをしていた4人にとって、
収入が大幅に下がることが、どれだけ辛かったことか。

しかし、乗り越えて2008年第2創業期を迎えることができた。
やりたいこと、その為には旅行業の取得が必要。
取得するには、一定の資金が必要だったからだ。

そしてそれから6年。
順調に成長し、人並みの生活を送れるようになった。
それが結果であり、現実だと思う。

一方、負の現実もあるのではと思う。

良くも悪くも創業メンバーによる臨機応変な経営スタイル。
何度も創業メンバー主導で「変える」ことを議論してきたが、
どれもうまくいかなかった。

その理由は、あまりにも創業メンバーの
個性が強いこと、
事業推進スタイルが固定化していること、
にあるように思う。

後2年で、次の10年へのリスタート。
その新たな門出に私たちはどんな形で臨むのか。
結婚し子どもを育てながら、働くこと、
そして、NPOとして理念やミッションの追求をすること、
各仲間が、ライフスタイルにあった形での成長するためには、
今のままでは難しい。

そこで、入社年数が浅い仲間に、
思い切って権限移譲をしてみた。
もちろん、理事会での承諾を得た上でだ。

それは、創業メンバーの固定化した価値観を、
同じNPOで働き、一定の理解ある仲間から改善と改革を
して頂くことで、「変える」事を目的している。

その会議が、先日あった。
もちろん、そこには創業メンバーや理事は一切介入しない。
遠いミーティングスペースで話し合いが進んでいる。

正直に、怖い。
怖いけど、思い切ったことをしないと
未来への道はないと思う。

小さな夢を見ていても仕方がない。
未来への欲は力になる。
その力を、創業メンバー以外からの
提案・改善・発展があってもいいのではと
思う。

変えること、
変わることを恐れてはいけない…。
その先に、血の通ったチームがあることを切に願う。

小倉譲 

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

近づくと、テレビが消える…


近づくと、テレビが消える…



近づくと、テレビか消える機能がほしい。

我が娘、
幸いなことに、顔は完全に妻に似た。
ちょっぴり残念ではあるが、
「パパに似て、最悪〜!」
と中学か高校辺りに言われることを想像すると、
本当に良かったと思う、ことにしている。

一方、
性格は私に似ている。
まず、
すぐに殴る。
これだっと思ったことにはトコトンやる。
我慢をしない。
説得力がある?(でかい声で訴える)
などなど。

娘が2才(今は2才半)を超えたころから、私はテレビをみない。
いや、見れなくなった。
正確にいうと、
1日にトトロを数回。
しまじろうを複数回みる。
トトロなんて、もう暗記していて、
自分がまるで物語の中にいるように、一緒になって話している。

まぁそれはいい。
私は目が悪い。0.1ない。
妻は目がいい。1.5とか2.0とか言っていたかな。
わが娘にも、目は悪くしてほしくない。
だから、テレビの前に行くと、下がってって言うのだが、
聞かない。

頭にきて、テレビの電源を消すと、
歩行ロボットがこけて手足をバタバタするように
駄々をこねる。
しかも、この世の終わりが来るのか?ってくらい
でかい声で泣く。

困ったもんだ。
いつも思う、子どもに育てられているなっと。
特に忍耐力という意味で。

これだけ文明化が進んだのだ。
テレビから1m以内に子どもが入ったら、
自然とテレビが消える機能をテレビに是非ともつけてほしいものだ。

まぁ、親のしつけの問題と言われればそれまでの話だが。
きっと、子育て世代では売れると思う。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者